Bの轍34(仙台→福島→会津若松→日光→桐生→東京)

 
2018/3/30 東京から0.4272km 横浜青葉まで26.0728km
東京都中央区
日本橋地区周辺
  日本の道路の基点である日本橋に到着。3往復目の往路が、これで半分終わったことになる。B漫歩でこの場所を通過するのは、これで4回目。B漫歩の上でも、重要なポイントになっている。ここから道路が放射状に伸びているから、ここを通るようにした方が、なにかと都合が良いのだ。
  ここから、どうやって西を目指そうか。基本的には国道1号になるのだが、単にイチコクを歩くだけでは1往復目と重複になってしまう。重複を避けるために、別の道を通りながらイチコクに沿うようなルートを編成しよう。というわけで、沼津までは国道246号線を歩くことに。次回東京に戻ってくるのは、いつになるだろうか。3往復目の復路でも東京を通る予定だからそう遠い先ではないだろうが、それでも3年くらいはかかるだろうか。しばし、メトロポリスとお別れだ。
 
2018/3/28 蓮田から31.5098km 東京まで7.9902km
東京都北区
滝野川地区周辺
  荒川を越えて、東京都へ。もう、日本橋は目と鼻の先。かなりギリギリになってしまったが、なんとか目標だった今月中の到着を達成できそうだ。
 
2018/3/27 蓮田から23.4692km 東京まで16.0308km
埼玉県川口市
元郷地区周辺
  一気に東京都に入ろうと思っていたのだが、微妙に刻んでしまった。ここのところ、どうも1回あたりの歩数が少なくていけない。もっと頑張らないと。
 
2018/3/26 蓮田から15.2126km 東京まで24.2874km
埼玉県川口市
北原台地区周辺
  埼玉スタジアム2002の脇を通過。この辺りはわりとよく歩いている場所なんだけど、実はスタジアム内には入ったことがない。
 
2018/3/23 蓮田から8.9006km 東京まで30.5994km
さいたま市岩槻区
笹久保新田地区周辺
  国道122号は、東北自動車道脇へ。ここ、夜になるとむちゃくちゃ飛ばす車が多くて、結構危ない。時速100kmだと、抜かれる側になってしまう道だ。
 
2018/3/22 館林から30.6540km 蓮田まで1.8460km
埼玉県蓮田市
閏戸地区周辺
  あちゃ〜、刻んでしまったか。ここのところかなり忙しいので、漫歩1回あたりの歩数があまり稼げない。一気に蓮田を越えたかったんだけど。
 
2018/3/19 館林から23.1624km 蓮田まで9.3376km
埼玉県久喜市
菖蒲町菖蒲地区周辺
  久喜市も多くの町を編入して、だいぶ広い街になったな。旧菖蒲町なんて、久喜のイメージからはだいぶ離れているのだけれど。
 
2018/3/15 館林から14.1714km 蓮田まで18.3286km
埼玉県羽生市
下川崎地区周辺
  利根川を渡って、いよいよ埼玉県へ! 国道122号がバイパス仕様になり、通行車も速度が上がった。ここまで来れば、もう東京は目と鼻の先だ。
 
2018/3/12 館林から2.4972km 蓮田まで30.0028km
群馬県明和町
矢島地区周辺
  館林市って、狭いのね。中心部を過ぎたら、あっという間に市域を出てしまった。周辺の街と合併すれば、結構人口の多い街になりそうだが。
 
2018/3/10 桐生から20.6032km 館林まで5.8968km
群馬県邑楽町
中野地区周辺
  群馬県の半島部の先端付近には、細かな市町村がひしめいている。だから、ちょっと歩くと街が変わる。こういうところこそ合併すればよかったのに。
 
2018/3/9 桐生から14.2708km 館林まで12.2292km
群馬県太田市
能舞町地区周辺
  スバルの大きな工場がある太田市には、「スバル町」という地名まである。うーむ、苫小牧市の「王子町」以上に、企業依存の強い街だな。
 
2018/3/7 桐生から5.1904km 館林まで21.3096km
群馬県桐生市
広沢町地区周辺
  桐生市の中心部は、道が狭く、カクカク折れ曲がっていて、分かりにくい。電車の接続も、なんだか複雑。目的地へ行くのにどこでどう乗り換えたらいいのかが分かりにくい。なんか、不器用な街だなと思ってしまう。もっと悪く言うと、なんだか古臭い街だ。
  ここから国道122号は東寄りに進路を変え、栃木県の南に細く伸びた「群馬県の半島部分」を進む。東京までは、残り100kmを切った。なんとか、3月中に東京にたどり着けるだろうか。それが、当座の目標になるだろう。
 
2018/3/6 桐生黒保根から12.2430km 桐生まで6.2570km
群馬県みどり市
大間々町大間々地区周辺
  再びみどり市へ。旧大間々町エリアに入る。旧黒保根村が桐生市と合併して飛び地になったあたりは、平成大合併の弊害だなぁ。
 
2018/3/2 桐生黒保根から5.0772km 桐生まで13.4228km
群馬県桐生市
黒保根町下田沢地区周辺
  桐生市の飛び地・旧黒保根村へ。黒保根村は、どうして「みどり市」に入らなかったのだろうか。旧大間々町と仲が悪かったのかな。
 
2018/2/28 日光足尾から17.1788km 桐生黒保根まで8.8212km
群馬県みどり市
東町神戸地区周辺
  神戸駅のホームには、古い列車車両を使ったレストラン「清流」がある。入場券なしでホームに入ることが認められている、珍しい駅だ。
 
2018/2/26 日光足尾から5.8874km 桐生黒保根まで20.1126km
群馬県みどり市
東町沢入地区周辺
  やっと、日光市から脱出! 同時に、栃木県からも脱出して群馬県に入った。地形的に考えて、旧足尾町が群馬県でなく栃木県に入るのが不思議だ。
 
2018/2/23 日光から16.0696km 日光足尾まで5.4304km
栃木県日光市
足尾町地区周辺
  清滝で、国道122号線を左折。華厳の滝や中禅寺湖に未練を残しつつ、日足トンネルへ。九十九折りのいろは坂も、いずれ歩いてみたいなぁ。
 
2018/2/21 日光から1.1440km 日光足尾まで21.3560km
栃木県日光市
上鉢石町地区周辺
  旧日光市と今市市が合併した関係で、市名は日光市だがその中心(市役所等がある場所)は旧今市市になっている。が、やっぱり日光と言えば東照宮などの世界遺産の社寺群がある辺りのイメージが強い。というわけで、B漫歩でも東武日光駅前をもって「日光に到着」とみなすことにする。
  この先、大谷川を渡る神橋周辺が、観光客が最も多いエリアになる。車で通ろうとすると混んで混んで大変なのだけれど、歩けば結構清々しい。神橋を渡ってから、左に折れて大谷川に沿って歩くのもよいし、石段を上がって古刹に囲まれて歩くのも楽しい。右へ行こうか左へ行こうか、普段ならまず悩むようなことはないことで、真剣に悩んでしまう。
 
2018/2/19 日光藤原から18.6458km 日光まで9.3542km
栃木県日光市
倉ヶ崎地区周辺
  国道121号線がバイパスとなり、片側2車線に。もう、市街地が近い。かつてこの近くのジャスコ(現在はイオン)で、バイトしてたなぁ。懐かしい。
 
2018/2/16 日光藤原から0.2162km 日光まで27.7838km
栃木県日光市
藤原地区周辺
  車で会津方面へ行くときによく仮眠宿泊で利用する龍王峡パーキングを通過。いつも利用は夜間なので、ずらりと並ぶ飲食店などには縁がない。
 
2018/2/14 南会津尾瀬口から25.8924km 日光藤原まで12.6076km
栃木県日光市
五十里地区周辺
  国道121号で、人造湖の五十里湖を3回渡ると、湯西川温泉への分岐点に到着。道の駅「湯西川」がある、山あいでホッとひと息つける場所だ。
 
2018/2/12 南会津尾瀬口から13.5786km 日光藤原まで24.9214km
栃木県日光市
上三依地区周辺
  県境を越えて栃木県へ。が、ここからが長い。栃木県の北西部4分の1は、日光市。市の中心部までまだ50km、市を抜けるまでは80km以上ある。
 
2018/2/8 南会津尾瀬口から5.2902km 日光藤原まで33.2098km
福島県南会津町
糸沢地区周辺
  国道352号と分岐して、山の中に分け入る。国道352号を行くと尾瀬を経由して奥只見へ出られる。一度は行ってみたいところだが、今は我慢。
 
2018/2/7 下郷から14.5992km 南会津尾瀬口まで9.4008km
福島県南会津町
田島地区周辺
  ふと気づけば、南会津町。「会津」と付くと福島県の中でも北部のイメージが湧くのだが、実はこの街を越えるともう栃木県。快調な旅路だ。
 
2018/2/5 会津若松から33.8260km 下郷まで0.1740km
福島県下郷町
栄富地区周辺
  町内の観光名所・塔のへつりへの入口を通過した。全国あちこち見て回っている私だが、実は塔のへつりへは行ったことがない。実に気になる。
 
2018/2/1 会津若松から20.9476km 下郷まで13.0524km
福島県会津若松市
大戸町芦牧地区周辺
  芦ノ牧温泉の温泉街を通過した。小ぢんまりとまとまった、ちょっとレトロな温泉街。会津鉄道の芦ノ牧温泉駅は、駅長ネコがいることで有名だ。
 
2018/1/31 会津若松から11.1088km 下郷まで22.8912km
福島県会津若松市
大戸町宮内地区周辺
  国道118号線を左折して、会津若松市の中心部を一気に通過。この街は鶴ヶ城や飯盛山など見どころがたくさんあるのだけれど、ほとんど何も見ずに通過するだけになってしまった。鶴ヶ城は国道118号沿いにあるので、チラ見だけ。
  ここから先は、国道118号線で会津鉄道に沿って歩く。雪深いエリアなので冬場に歩くのはあまり向かないのだけれど、反面、温泉に美しい山々に、自然の恵みがたくさんあるエリアでもある。足元に注意しながら、じっくり歩こう。「わき見歩き」ができるのが、徒歩のいいところ。車だと、こうはいかない。
 
2018/1/29 猪苗代から20.3148km 会津若松まで5.6852km
福島県会津若松市
河東町金田地区周辺
  会津若松市に入り、国道49号線は一度北へ大きく湾曲して、七曲山などを回り込む。まだ旧河東町のエリアなので、周囲は長閑だ。
 
2018/1/26 猪苗代から6.1452km 会津若松まで19.8548km
福島県猪苗代町
翁沢地区周辺
  猪苗代町の中心部を越えて、猪苗代湖岸へ。日本で4番目に広い湖だけあって、眺望はなかなか素晴らしい。背後の磐梯山も絵になるねぇ。
 
2018/1/24 福島土湯から25.0738km 猪苗代まで8.9262km
福島県猪苗代町
蚕養地区周辺
  だいぶ山を下りて、集落が目立つようになってきた。「蚕養」という地名がついているくらいだから、かつて養蚕業が盛んだったところなのだろうか。
 
2018/1/21 福島土湯から12.0412km 猪苗代まで21.9588km
福島県猪苗代町
若宮地区周辺
  長い長い土湯トンネルを抜けて、猪苗代町へ。この辺りはスキー場が点在するエリアだけあって、雪が深い。冬場に歩くには不向きだ。
 
2018/1/19 福島土湯から4.5766km 猪苗代まで29.4234km
福島県福島市
土湯温泉町地区周辺
  温泉街を抜けると、急な山道に。高規格のバイパスが整備されているからそれほど険しい感じではないが、だいぶ標高は高まっていると実感する。
 
2018/1/16 福島から25.1054km 福島土湯まで8.8946km
福島県福島市
土湯温泉町地区周辺
  土湯温泉の中心街へ。結構な山の中に、突然温泉街が開ける。川沿いの温泉街には、独特な風情があって良い。ホテル群で谷が深く見える。
 
2018/1/15 福島から10.8356km 福島土湯まで23.1644km
福島県福島市
荒井地区周辺
  福島市の中心部を通過。福島市は福島県の県庁所在地でありながら、どことなく郡山やいわきに並ばれているというか、ともすればいろいろな面で抜かれているようなイメージが湧く。商業的には郡山の方が栄えているイメージが強いし、JRの在来線の利便性ではいわきの方が便利(鈍行でも乗り継ぎ1回で東京まで行ける)なイメージだ。東北本線の運行系統変更で、新白河で乗り継ぎが発生することになったから、なおのこといわきの方が東京に出やすいイメージが強くなった。それから、道路面。福島市には国道4号線の有効なバイパスが整備されていないので、市街地の渋滞がとにかく激しい。車で大仏橋を渡らなければならないと思うと、だいぶ前から気が重くなってしまうのだ。
  ここからは、国道115号・49号経由で会津若松を目指す。ストレートに東京を目指すより、約100kmの遠回り。ま、気長にいきましょ。
 
2018/1/12 伊達梁川から13.7478km 福島まで0.7522km
福島県福島市
松浪町地区周辺
  福島市の市街に入り、賑やかになってきた。左手には、福島競馬場。懐かしいな。大学時代に、一度だけ来たことがある。コテンパンに負けたけど。
 
2018/1/11 伊達梁川から3.9078km 福島まで10.5922km
福島県伊達市
保原町地区周辺
  伊達市の中心部は、旧保原町。JR伊達駅がある旧伊達町が中心にならなかったのは、合併した5町の西端に位置するからだろうか。
 
2018/1/8 角田から17.5422km 伊達梁川まで6.4578km
福島県伊達市
梁川町五十沢地区周辺
  兜駅近くで、県境を越えて福島県に入った。この県境は、川を越えるわけでもなく、山を越えるわけでもなく、ちょっと意外なところにあった。
 
2018/1/5 角田から5.0904km 伊達梁川まで18.9096km
宮城県丸森町
舘矢間山田地区周辺
  宮城県最南端の街・丸森町に入った。町の中心部を超えると、国道349号線はずいぶん狭隘になり、国境の近さを感じさせる。そろそろ、県境か。
 
2018/1/4 岩沼から10.6254km 角田まで7.3746km
宮城県角田市
小坂地区周辺
  槻木駅近くで、国道4号泉とはお別れ。国道349号線に入り、阿武隈急行に沿って歩く。2018年も、張り切って歩きまくるぞ!
 
2017/12/29 岩沼から1.8342km 角田まで16.1658km
宮城県岩沼市
吹上地区周辺
  国道6号を分岐して、阿武隈川の北岸へ。ここからしばらくは、阿武隈川と並行する旅路になる。宮城県とも、そろそろお別れが近いか。
 
2017/12/25 仙台から15.5050km 岩沼まで4.9950km
宮城県名取市
植松宮島地区周辺
  国道4号の東側を走る、仙台東部道路。東日本大震災時に、津波を食い止めた道路だ。これがなかったら、もっと被害が大きくなっていたはずだ。
 
2017/12/22 仙台から5.6314km 岩沼まで14.8686km
仙台市太白区
諏訪町地区周辺
  宮城県庁の南、地下鉄・勾当台公園駅で直角に南へ折れる。ここをもって、仙台に到着だ。いやぁ、宮城県に入ってから仙台までが早かったこと早かったこと。青森県や岩手県に比べて、各市町村の面積が狭いということもあるのだけれど、単純にこの2か月くらいは漫歩のペースがかなり早かったということもある。年内になんとかここまで歩ければと思っていたのに、10日近くも残して目標達成してしまった。
  ここから東京までも、あっという間だろう。来年の3月くらいには、東京に着けるかな。名物の牛タンや笹かまでも食べて、英気を養ったら、再び南へ歩き始めよう。
 

戻ります。