B日本漫歩日記


現在までの累計歩数……35461261 現在地……21276.7566km地点
大阪まで あと45.7434km 下関まで あと758.2434km


※このページは、当サイトで唯一の妄想ページです。FB漫歩日記の説明をよく読んでからご覧ください。

日付 前チェックポイントからの距離 次チェックポイントまでの距離
現在地 コメント
 
2018/7/10 橿原から1.7566km 羽曳野まで20.7434km
奈良県橿原市
五井町地区周辺
  近鉄の重要ターミナル駅が2つある、橿原市。大和八木と、橿原神宮前。この両駅間のアクセスがやや不便なのが、残念なところだ。
 
2018/7/7 宇陀から8.7932km 橿原まで7.2068km
奈良県桜井市
慈恩寺地区周辺
  有名な長谷寺を右に見つつ、緩やかな坂道を下っていく。桜井市に入ると、だいぶ市街地の規模が大きくなってくる。奈良盆地の、南の端っこだ。
 
2018/7/1 名張から18.8606km 宇陀まで2.1394km
奈良県宇陀市
榛原額井地区周辺
  なだらかな峠をひとつ越えて、奈良県に突入。旧室生村の道の駅「宇陀路室生」でひと休みして英気を養う。この辺りは、茶どころだね。
 
2018/6/29 名張から7.0256km 宇陀まで13.9744km
三重県名張市
安部田地区周辺
  三重県の東端に位置する名張市は、市町村合併に加わらず、面積の狭いまま存続している。なぜ単独でやっていけるのかと考えると、それはもう「大阪に近いから」に他ならないだろう。つまり、大阪のベッドタウンとしての性格を持っているわけだ。実際問題、近鉄特急だと難波まで1時間。充分通勤圏内なのだ。ただ、近鉄の特急は有料なのでね、難波まで片道1910円もかかってしまうのだが……。特急券の要らない急行だと、80分くらい。それでもまぁ通勤圏内か。
  そんな街だから、県庁のある津市よりも活気があるとまで言うとちょっと言い過ぎだけれど、追いつけ追い越せくらいの勢いは感じる。三重県ナンバーワンの四日市市と比べると、さすがに見劣りしてしまうが。四日市は、名古屋のベッドタウンという性格があるから、こちらはこちらで結構発展しているわけで。でも、近い将来にはナンバー2の座を奪うことはあるかもしれない。
 
2018/6/27 津久居から36.6988km 名張まで2.8012km
三重県名張市
桔梗が丘地区周辺
  ゴルフ場がたくさんあるエリアを抜けると、にわかに賑やかな市街地に入ってきた。名張市の外れだけど、新しい住宅やマンションがたくさんある。
 
2018/6/26 津久居から27.1666km 名張まで12.3334km
三重県伊賀市
伊勢路地区周辺
  久居からは国道165号で青山高原を抜ける。近鉄大阪線はこの辺りで長いトンネルに入るのだが、国道は峠道。それほど急峻な峠ではないが。
 
2018/6/24 津久居から17.7802km 名張まで21.7198km
三重県津市
白山町垣内地区周辺
  旧白山町も津市になっているね。津市、県庁所在地のわりに四日市よりも人口が少なくて地味だから、意地になって版図を広げたのかな。
 
2018/6/22 津久居から0.6916km 名張まで38.8084km
三重県津市
久居新町地区周辺
  旧久居市は、合併で津市の一部になってしまった。確かに地味な街ではあるけれど、津市がやたらと広くなってしまうのは、どうかと思うよ。
 
2018/6/21 松阪から10.4232km 津久居まで8.0768km
三重県津市
雲出本郷町地区周辺
  国道23号の現道とバイパスが交差するところで、現道へ入る。バイパスを歩き続けた方が近道だが、バイパスはつまらないので極力現道を歩く。
 
2018/6/19 伊良湖岬から31.1636km 松阪まで2.3364km
三重県松阪市
古井町地区周辺
  松阪市の中心部も、南勢バイパスで通過する。この先、六軒駅近くで国道42号と合流して、2往復目の復路との重複区間に入る予定。
 
2018/6/17 伊良湖岬から20.4008km 松阪まで13.0992km
三重県伊勢市
村松町地区周辺
  伊勢市の中心部は、南勢バイパスで快速通過。伊勢神宮外宮とか、宇治山田あたりの古い街並みなども見ていきたいところではあるが。
 
2018/6/14 伊良湖岬から9.9482km 松阪まで23.5518km
三重県伊勢市
二見町荘地区周辺
  伊勢湾を渡って、鳥羽に上陸。なんだか一気にワープしたような気になるが、実は伊良湖から鳥羽までは距離にして15kmほどしかない。陸路をたどると名古屋まで回らなければならないところを、フェリーで渡ればすぐなのだ。しかも、船内からは神島や答志島などが眺められ、飽きない。車での旅なら、実に利用価値の高い航路だと思う。徒歩の場合、鳥羽側のアクセスは良いのだけれど、伊良湖側が不便。豊橋鉄道が伊良湖まで伸びてくれればいいのになぁ。
  船内からは、ミキモト真珠島も望めた。鳥羽といえば、真珠。土産物店にも真珠細工が所狭しと並ぶ。私にはあまり縁のないものではあるけれど、旅情はあるねぇ。
 
2018/6/12 田原から24.8346km 伊良湖岬まで0.1654km
愛知県田原市
伊良湖町地区周辺
  あぁ、微妙に刻んでしまった。一気に伊勢湾を渡ってしまいたかったのだが。もう、目と鼻の先なのに……。次回は、必ずや。
 
2018/6/9 田原から15.3564km 伊良湖岬まで9.6436km
愛知県田原市
福江町地区周辺
  旧渥美町の中心部へ。いま私は「渥美半島」を西へ歩いているのだから、「田原」よりも「渥美」の名を残した方が、旅情が湧いてよかったかなぁ。
 
2018/6/5 田原から7.0338km 伊良湖岬まで17.9662km
愛知県田原市
野田町地区周辺
  道の駅「田原めっくんハウス」でひと休み。特段面白味のある駅ではないのだけれど、学生時代に訪れたことがあり、懐かしさもあって好きな駅だ。
 
2018/6/4 豊川から23.8648km 田原まで5.6352km
愛知県豊橋市
杉山町地区周辺
  国道259号に入り、豊橋鉄道に沿って歩く。豊橋鉄道、伊良湖岬まで伸びてくれれば利用価値が高まるんだが。田原で終わっていると、どうにも。
 
2018/6/2 豊川から15.9430km 田原まで13.5570km
愛知県豊橋市
神野新田町地区周辺
  いつの間にか無料化されていた豊川橋を渡り、再び豊橋市へ。中心部は通らずに、バイパスで海沿いを通過して、渥美半島の北岸を西に進む。
 
2018/6/1 豊川から4.0288km 田原まで25.4712km
愛知県豊川市
篠束町地区周辺
  愛知県三河地方には、「豊」が付く地名が多い。豊橋・豊川・豊田。何か理由があるんだろうか? 豊田あたりが「豊か」なのは頷けるところだが。
 
2018/5/30 浜松三ヶ日から9.1652km 豊川まで6.8348km
愛知県豊橋市
嵩山町中通地区周辺
  県境の峠は本坂トンネルで楽々通過。愛知県に入れば、各市町村の面積がわりと狭くなるので、はかばかしく進むように感じられるだろう。
 
2018/5/28 浜松三ヶ日から0.5144km 豊川まで15.4866km
浜松市北区
三ケ日町三ヶ日地区周辺
  もう、静岡県の西端。最近は漫歩のペースが速いので、東西に長い静岡県を一気に歩き抜けてしまった。あと峠をひとつ越えれば、愛知県だ。
 
2018/5/26 浜松天竜から24.9092km 浜松三ヶ日まで6.5908km
浜松市北区
三ケ日町佐久米地区周辺
  奥浜名湖エリアの町がいくつか合併して、浜松市北区になっている。三ヶ日とか引佐とか、残してほしかった地名が多くあるところなのだが。
 
2018/5/25 浜松天竜から10.7978km 浜松三ヶ日まで20.7022km
浜松市浜北区
宮口地区周辺
  国道152号と合流して、天竜区役所前を通過。二俣本町駅付近で直角に右に折れると、じきに浜北区に入った。天竜区はずいぶん広いのだけれど、南の端っこに中心市街地があるのね。
  天竜というと、ハスキーボイスの源一郎を連想する方も多いかもしれない。が、あちらは「天龍」で、長野県にある地名だ。JR飯田線の秘境駅がたくさんある村。同じ天竜川の流域に位置する自治体なんだけど、どういうわけか竜・龍の字が違う。市同士だったら混同を避けるためによくやる(鹿島と鹿嶋など多くの例がある)のだけれど、区(旧市)と村だったらわざわざ変える必要はないと思うのだが。
 
2018/5/23 浜松春野から23.4382km 浜松天竜まで1.0618km
浜松市天竜区
山東地区周辺
  天竜区の中心部まで降りてきたが、それほど賑やかではないね。もともと、旧天竜市の人口は20000くらいだから。自然が多い、清々しい街だ。
 
2018/5/22 浜松春野から13.8976km 浜松天竜まで10.6024km
浜松市天竜区
横川地区周辺
  道の駅「いっぷく処 横川」で、文字どおり一服していこう。峠の茶屋風の施設で、車よりもバイクで立ち寄る人の方が多い印象だ。
 
2018/5/20 浜松春野から3.7066km 浜松天竜まで20.7934km
浜松市天竜区
春野町領家地区周辺
  旧春野町の中心部を通過。この先が、旧天竜市になる。ふぅ、山林地帯が多いだけに、天竜区は広いな。なかなか進捗する実感が湧かないよ。
 
2018/5/19 川根本中川根から24.4744km 浜松春野まで8.5256km
浜松市天竜区
春野町豊岡地区周辺
  道幅が少し広くなり、ポツポツと民家が点在するようになってきた。ひと安心だ。結構山が深いから、民家が見えないところは熊でも出そうで怖い。
 
2018/5/18 川根本中川根から12.2812km 浜松春野まで20.7188km
浜松市天竜区
春野町川上地区周辺
  大井川と分かれ、進路を西にとる。峠をひとつ越えて、浜松市天竜区の、旧春野町にエリアへ。この辺りは、道が狭くて車では通りたくない場所だ。
 
2018/5/17 川根本から15.1796km 川根本中川根まで2.3204km
静岡県川根本町
上長尾地区周辺
  旧中川根町の中心部まで降りてきた。とはいえ、あまり賑やかなところではない。旧本川根町の中心部・千頭の方が、いろいろあって賑やか。
 
2018/5/15 川根本から5.0720km 川根本中川根まで12.4280km
静岡県川根本町
元藤川地区周辺
  峠を越えて里に下りると、大井川鐡道の千頭駅前だった。ここから大井川を下れば太平洋に出られるのだが、もちろんそんなルートはとらない。
 
2018/5/14 静岡から29.7464km 川根本まで7.7536km
静岡県川根本町
東藤川地区周辺
  峠を越えて、川根本町へ。旧本川根町が、旧中川根町と合併して川根本町に。あぁ、ややこしい。「奥大井町」とかでよかったんじゃないかな。
 
2018/5/12 静岡から21.8024km 川根本まで15.6976km
静岡市葵区
黒俣地区周辺
  市境付近は、かなり険しい山道。通る車も、ほとんどない。道に迷いでもしたら、即遭難ということになりそうな不安感がある。峠まで、あと少し。
 
2018/5/11 静岡から13.0196km 川根本まで24.4804km
静岡市葵区
相俣地区周辺
  山間部に入ってきて、国道362号線の幅員が狭くなってきた。あまり車では走りたくない道だ。ここから、峠をひとつ越えて川根本町に入る。
 
2018/5/8 静岡から0.4214km 川根本まで37.0786km
静岡市葵区
七間町地区周辺
  静岡駅前で、国道362号線を右折。ここから、少し内陸部に入っていく。ようやく、1往復目の往路との重複区間を抜けた。しばらく大きな街がないので退屈な旅路になるかもしれないが、未踏路線踏破の方が先決。
  旧国道1号線は、思いっきり静岡駅前を通っていた。私が学生だった頃にはまだ静清パイパスはなく、車で西の方へ行くときには毎回ここを通っていた。車線は多いのだけれど幅員や路肩が狭く、駐車車両や右折車などがあると右へ左へ車線を変更しなければならず、結構面倒なところだった。高規格の静清バイパスがる現在となっては、考えられないことだ。近年では静岡駅前を通ることがなくなっているのだけれど、こうして歩いてみると結構懐かしさを覚える。今度、道が混まない時間帯に静岡市を横断するときには、旧道を走ってみようかな。
 
2018/5/6 富士から31.6880km 静岡まで8.8120km
静岡市駿河区
中吉田地区周辺
  静岡市は大合併によって政令指定都市になり、3行政区が設けられた。市の中心部では、ほぼJR東海道本線が駿河区と葵区の境になっている。
 
2018/5/2 富士から22.6082km 静岡まで17.8918km
静岡市清水区
二の丸町地区周辺
  国道1号線は清水・静岡の市街地を迂回するのだが、それではつまらないので旧道へ。清水の中心部を通過して、巴川を渡る。
 
2018/4/29 富士から12.1466km 静岡まで28.3534km
静岡市清水区
由比今町地区周辺
  蒲原から興津にかけての国道1号線は、超快速区間。一般国道を、みんな100kmくらいで走っている。たまに信号があって、結構危ないところだ。
 
2018/4/27 富士から3.8834km 静岡まで36.6166km
静岡県富士市
五貫島地区周辺
  富士市の中心部(と言ってもバイパス通過)を越えて、新富士川橋で富士川を渡る。この橋を渡りきれば、合併で広くなった静岡市に突入だ。
 
2018/4/25 沼津から12.8764km 富士まで7.1236km
静岡県富士市
中里地区周辺
  紅白の煙突がニョキニョキと天を突く、田子の浦。富士山と煙突群を同時に眺められるのは、製紙工場が多い富士市ならではの光景だ。
 
2018/4/23 沼津から2.5726km 富士まで17.4274km
静岡県沼津市
若葉町地区周辺
  大岡駅近くで、国道1号線に合流。ここから静岡市までは、1往復目の往路との重複ルートになる。退屈だから、さっさと歩き抜けよう。
 
2018/4/22 御殿場から18.0878km 沼津まで5.4122km
静岡県長泉町
南一色地区周辺
  新東名高速の開通によって、このあたりの国道246号線がちょっと複雑になっている。たまに通ると、どの車線を走ればいいかわからなくなる。
 
2018/4/20 御殿場から8.9042km 沼津まで14.5958km
静岡県御殿場市
駒門地区周辺
  駒門というと、有名な風穴がある場所か。富士山から吹き下ろす風が地面を抉って洞窟状の地形を形成する。一度見に行ってみたいところだ。
 
2018/4/19 御殿場から0.4484km 沼津まで23.0516km
静岡県御殿場市
萩原地区周辺
  一気に御殿場市の中心部へ。国道246号線から主だった道を右に入れば、どの道も富士山に続いている。富士登山も、やってみたいなぁ。
 
2018/4/16 松田から17.7006km 御殿場まで10.2994km
静岡県小山町
生土地区周辺
  静岡県に入り、ここから富士の裾野をぐるっと回る。やっぱり標高が高いからなのかな、神奈川県内とは違って空気が少しひんやりしている。
 
2018/4/13 松田から5.3280km 御殿場まで22.6720km
神奈川県山北町
山北地区周辺
  神奈川県の西端の街・山北町に入った。ということは、そろそろ神奈川県ともお別れだ。関東地方の各県は面積が狭いから、サクサク通過できる。
 
2018/4/12 厚木から19.8524km 松田まで3.1476km
神奈川県秦野市
菖蒲地区周辺
  渋沢駅前を過ぎると、グッと山が近づいてくる。渋沢・新松田間は駅間もずいぶん長く、緑が豊か。そろそろ、関東平野とお別れということか。
 
2018/4/11 厚木から11.5874km 松田まで11.4126km
神奈川県伊勢原市
善波地区周辺
  私の中では、暴走族のイメージが強い伊勢原市。この辺りの国道246号線を週末の夜に車で走ると、かなりの高確率で遭遇するように思う。
 
2018/4/10 厚木から2.6108km 松田まで20.3892km
神奈川県厚木市
船子地区周辺
  いったん国道129号と合流し、厚木市の中心部を越えてからまた分岐。この先は、国道246号線が片側1車線になる。渋滞が激しいエリアだ。
 
2018/4/8 横浜青葉から13.7936km 厚木まで8.7064km
神奈川県座間市
ひばりが丘地区周辺
  今度こそ、東京都とお別れ。なんとなく自衛隊のイメージが強い、座間市。幼いころから自衛隊の街で過ごしてきた私としては、親しみが湧く。
 
2018/4/5 横浜青葉から6.2822km 厚木まで16.2178km
東京都町田市
つくし野地区周辺
  一瞬だけ、東京都に戻った。半島状に突き出た町田市。川崎市麻生区・多摩区とトレードした方がいいような気がするのは私だけだろうか?
 
2018/4/3 東京から23.0586km 横浜青葉まで3.4414km
横浜市青葉区
荏田町地区周辺
  あっという間に東京都を出た。南北に細長い川崎市も一足とびに横断して、横浜市へ。すごいね、ずいぶんサクサク進んでいるような気分になる。
 
2018/4/2 東京から12.5106km 横浜青葉まで13.9894km
東京都世田谷区
新町地区周辺
  内堀通りを時計回りにくるっと回って、三宅坂で青山通りへ。あっという間に都心部を抜けて、東京都とももうすぐお別れ。東京は、狭いね。
 
2018/3/30 東京から0.4272km 横浜青葉まで26.0728km
東京都中央区
日本橋地区周辺
  日本の道路の基点である日本橋に到着。3往復目の往路が、これで半分終わったことになる。B漫歩でこの場所を通過するのは、これで4回目。B漫歩の上でも、重要なポイントになっている。ここから道路が放射状に伸びているから、ここを通るようにした方が、なにかと都合が良いのだ。
  ここから、どうやって西を目指そうか。基本的には国道1号になるのだが、単にイチコクを歩くだけでは1往復目と重複になってしまう。重複を避けるために、別の道を通りながらイチコクに沿うようなルートを編成しよう。というわけで、沼津までは国道246号線を歩くことに。次回東京に戻ってくるのは、いつになるだろうか。3往復目の復路でも東京を通る予定だからそう遠い先ではないだろうが、それでも3年くらいはかかるだろうか。しばし、メトロポリスとお別れだ。
 

Bの轍
1(宗谷岬〜旭川〜札幌〜青森 846.5km)
2(青森〜盛岡〜福島〜東京 737.0km)
3(東京〜静岡〜名古屋〜大阪 551.0km)
4(大阪〜岡山〜広島〜福岡 603.5km)
5(福岡〜熊本〜鹿児島〜佐多岬 482.5km)
6(佐多岬〜名瀬〜那覇〜与那国 497.0km)
7(与那国〜徳之島〜屋久島〜佐多岬 729.5km)
8(佐多岬〜宮崎〜大分〜北九州 538.5km)
9(北九州〜松江〜鳥取〜京都 636.5km)
10(京都〜福井〜富山〜新潟 553.5km)
11(新潟〜酒田〜秋田〜青森 455.0km)
12(青森〜江差〜積丹〜札幌 716.5km)
13(札幌〜留萌〜利尻〜宗谷岬 420.0km)
14(宗谷岬〜網走〜知床岬〜納沙布岬 637.0km)
15(納沙布岬〜襟裳岬〜室蘭〜函館 892.0km)
16(函館〜八戸〜宮古〜仙台 624.0km)
17(仙台〜いわき〜鴨川〜東京 652.0km)
18(東京〜塩尻〜名古屋〜大阪 577.5km)
19(大阪〜岡山〜徳島〜高知 559.5km)
20(高知〜足摺岬〜尾道〜北九州 839.0km)
21(北九州〜天草〜枕崎〜鹿児島 633.0km)
22(鹿児島〜宮崎〜日田〜福岡 586.0km)
23(福岡〜対馬〜平戸〜長崎 558.5km)
24(長崎〜五島〜島原〜北九州 581.0km)
25(北九州〜松山〜洲本〜大阪 702.0km)
26(大阪〜潮岬〜津〜名古屋 541.5km)
27(名古屋〜富山〜長野〜東京 683.5km)
28(東京〜水戸〜山形〜秋田 604.5km)
29(秋田〜入道崎〜竜飛崎〜函館 428.5km)
30(函館〜札幌〜幌加内〜宗谷岬 717.0km)
31(宗谷岬〜羽幌〜層雲峡〜帯広 528.5km)
32(帯広〜夕張〜乙部〜函館 572.5km)
33(函館〜八戸〜遠野〜仙台 603.5km)
34(仙台〜会津若松〜日光〜東京 460.0km)


F東京漫歩日記


大日本記外伝TOP