F東京漫歩日記


ルート略図 タイトル
日付 歩数(累計歩数)
コメント
 
Chap2052:Temporarily Stop
2019/2/15 15167歩(累計37286289歩)
  今日は歩く予定ではなかったのだが、思いのほか早い時間に仕事が片付き、暇を持て余してしまったので、歩くことにした。ここ1年くらい、駅そば・立ち食いそばの世界がダイナミックに動いているので、空き時間はすべてリサーチに充てないと、まったくもって追いつかない。かといっていちいち電車で動いていたらお金がかかりすぎるから、歩いて回るに限るのだ。運動不足も解消されるし、一石二鳥だ。
  今日の写真。一時停止の標識って、こんなデザインだったっけ? 現物がおかしいのか記憶がおかしいのか、時々わからなくなる(板橋区大山金井町)。
 
Chap2051:Extreme Weather
2019/2/14 26074歩(累計37271122歩)
  来週から、この時期としては異常なほど温かくなるらしい。今日の時点ですでに温かく感じた私にとっては、緊急事態だ。かといって、上着を薄手のものに変えると、陽が暮れてからの寒さをしのげなくなる。来週は、服選びに苦悩しそうだ。取材で遠出する予定もあるだけに、よく考えないと。
  写真を2枚。その1:電柱に頼らず、自立する歩行者信号の押しボタン(大田区南雪谷5丁目)。こういうの、結構珍しい気がする。その2:お犬様専用の温泉ですか(世田谷代田駅付近)。温泉に満足しているのはお犬様よりも飼い主の方だと思うのは、私だけだろうか?
 
Chap2050:Feel Pressed
2019/2/12 19058歩(累計37245048歩)
  午前中に、御茶ノ水で打ち合わせ。その後、昼食がてら八重洲界隈をぶらつき、そのまま漫歩。今日中にやらなければならない校正をやりかけで出てきているのだが、まぁ早めの夕方に帰っていれば追いつくだろうということで。極端に忙しいわけではないのだけれど、なんとなく気忙しい。まぁ、暇よりはいいか。これから、もっと忙しくなりそう。歩く機会も減ってしまうかもしれない。
  今日の写真。新橋・SL広場のSLが汽笛を発する時刻の表示が、ちゃんとあった。18時は知っていたのだけれど、12時と15時は知らなかった。1日3回も鳴らしていたのか。
 
Chap2049:Snow Shelter
2019/2/10 16609歩(累計37225990歩)
  昨日は、雪が降ることが前もって分かっていた。本当はロヂャースに買い物に行きたかったのだが、歩けないのではしょうがないとうことで、いったん実家へ退避。雪が止んで溶けるまで1日待って、実家からの帰りがけにロヂャースに寄る作戦にした。これなら、実家でタダ飯を食えるし、少ないロスでロヂャースへ買い物に行ける。ロヂャースでは安物のデイパックを買いたかったのだけれど、わりと良いスニーカーが安く出ていたので、ついでにこちらも衝動買い。うむ、なかなかよい買い物日和であった。
  写真を1枚。清瀬駅前に、シャンシャン現る!
 
Chap2048:One Door Is Shut, Another Door Is Open
2019/2/8 12780歩(累計37209381歩)
  Bとの兼ね合いで、今日はあまり歩数を伸ばしたくない日。自宅発で、歩き慣れた道をサクッと歩くにとどめた。がむしゃらに歩くのではなく、ある程度ストーリー性を考えながら歩いているということ。誰も共感してくれないと思うけれど。
  「三愛そば」と「蕎麦のぶ」が相次いで閉店し、練馬駅から駅そばが絶滅してしまった……かに思えたのだが、駅近くのとんかつ店「松乃家」でそばの扱いが始まっていた。捨てる神あれば拾う神ありとは、このことだ。早速、一杯。ついでに、かつ丼も。まさかの900円出費となったが、喜びの方がはるかに大きかったから良しとする。
 
Chap2047(烈風烈火編272):Hiking In The Rain
2019/2/6 36579歩(累計37196601歩)
  朝のうちは小雨模様だったので、大回り乗車で小止みになるのを待って、扶桑駅から歩き始める。目的は、尾張冨士の頂上。取材ついでに漫歩するのは珍しくないけれど、そこに登山が入ってくるのはちょっと珍しいか。久しく山歩きをしていなかったので、気持ちよかった。なんだかんだで完全には止まない雨がなければ、もっと良かったんだけどな。
  というわけで、尾張冨士から写真を2枚。その1:これを探さないと、気が済まない。頂上の三角点。標高275mの、手軽な低山だ。その2:頂上からはあまり眺望が開けないのだが、木立の合間から本宮山が望めた。
 
Chap2046(烈風烈火編271):Diurnal
2019/2/5 22901歩(累計37160022歩)
  珍しく、夜行バスではなく昼行バスで名古屋へ。その方が安かったもので。着いて早々に、漫歩開始。昼行バスは明るくてなかなか眠れないから、やや疲れた状態での漫歩になった。終盤には、50000歩くらい歩いたんじゃないかと思うくらいの疲労度に。明日の登山、大丈夫かな。
  写真を2枚。その1:尾頭橋駅近くの一コマ。こういうゲートがあると、なんとなく温泉街のようなムードを感じる。それとなく車高制限をする目的があるのだろうか? その2:上前津駅近くの、石造りの橋。その名も、記念橋という。「何の記念なんだろう?」と疑問に思ったのは、私だけではあるまい。
 
Chap2045:Accustom
2019/2/3 23131歩(累計37137121歩)
  ちょっと天候が怪しいので何とも言えないのだが、明後日あたりにハイキングでもやろうかと画策中。山歩きは久々だし、ここのところやや仕事が立て込んでいてあまり歩けていない。少し慣らしが必要かなということで、今日は20000歩にこだわった。ただ、今日は暑かったね。Tシャツ短パンでよかったな。2月上旬にこんなことをぼやかなければならないなんて、どうかしてるよ。
  写真を1枚。よく、台風の日などに「水路に流されて死亡」みたいな事故があるけれど、きっとこういう場所があることが原因なのだろうなと思う(加茂宮駅付近)。
 
Chap2044:Urban Park
2019/2/1 14333歩(累計37113990歩)
  いつもはその日やらかなければならない仕事を終えてから歩くのだが、今日は午前中に歩いた。朝やらなければならない仕事がなくて、午後に急ぎの校正が入ることが分かっていたので。なんとかかんとかやりくりをして、歩く時間を捻出している。決してヒマ人というわけではないのよ。
  写真を。大幅にリニューアルされた、南池袋公園。すっかり、「アーバンパーク」の雰囲気になった。昔の雑然とした感じも好きだったんだけど、ホームレス対策の意味もあったのだろうか。久々に雨・雪が降った後だから、空が突き抜けるように澄んでいて気持ちよかった。
 
Chap2043:BambooPlum
2019/1/29 12389歩(累計37099657歩)
  忙しいさなかに、赤羽での再取材が入った。取材を終えて、電車で帰れば30分。歩いて帰れば、10000歩到達のために少し遠回りをするとして、2時間。むぉぉ、悩ましいところだ。今は、この1時間半の差がちょっと大きいタイミング。でもね、悩むところまでいったら、歩かずに済ませることはほとんどない。結局、歩いたのだった。
  写真を1枚。東十条1丁目の町民会館に、こんなシャッターが。ほぅ、和泉式部と縁がある街なのか。帰ってから調べてみたら、町内に「平井保昌の杉と和泉式部の梅」があるらしいことが分かった。今度、見に行ってみようか。
 
Chap2042:Catchphrase
2019/1/27 26374歩(累計37087268歩)
  これから来月頭にかけて、仕事がひと波押し寄せる。漫歩も、ちょっとやりにくくなるだろう。だからその前に、景気づけに少し高回転をブン回しておこう。未食駅そばを潰しつつ、25000歩を超えるまで。25000歩超えになると、半日潰す覚悟が必要になるから、スケジュール的に結構厳しい。本当は月に1回くらいやりたいんだけど。
  今日の写真。みなまで書かなくても、分かりますよ。だって、こんな分かりやすい外観だもん(京急鶴見駅付近)。この店の売り文句、「辛いbutうまい!」なのか「辛いisうまい!」なのか、分かりにくい。日本語って難しい。
 
Chap2041:Have Lunch
2019/1/26 16668歩(累計37060894歩)
  腹が減った。でも、自宅にロクな食糧がない。そこで、ランチを摂るために家を出た。そういえば、移転して以来「ときわ朝日」に行っていなかったなぁと思い出し、ときわ台へ。そして、せっかくときわ台まで歩いたのだから漫歩にしてしまおうということで、そのまま歩き続けた。はっきりしたモチベーションがあって漫歩する日もあるけれど、実はこんなファジーな感じで漫歩が成立してしまう日も少なくない。歩く機会が増えるのは、健康維持の上でもいいことだと思うので、特段嘆くようなことではないと思うけれど。
  写真を1枚。銭湯……ではなく居酒屋(上板橋駅付近)。
 
Chap2040(Dead Or Alive編10):Before Dawn
2019/1/24 10328歩(累計37044226歩)
  ホテルのチェックアウトが12時までだったので、チェックアウト前に少し歩いておくことに。これなら、大きな荷物を背負わず快適に歩ける。韓国は、日本との時差がない。でもだいぶ西に位置しているから、陽が昇るのも沈むのも遅い。龍頭山公園で写真を撮った7時でもまだ、夜が明けきっていなかった。もちろん、釜山タワーにも入れず。
  その後、人けのない国際市場へ。こんな時間帯に、静まり返った市場を見に来る観光客なんて、私ぐらいのものだろう。典型的な観光地がだから、これでいいや。中には、商品を出しっぱなしの店もある。盗まれるとか、考えないのかな。
 
Chap2039(Dead Or Alive編9):Food Stands
2019/1/23 11752歩(累計37033898歩)
  今日は、大邱まで足を延ばして歩く。メインの目的は、西門市場。市場だったら釜山にも国際市場があるのだが、大邱の西門市場には露天の飲食店がズラッと連なった場所があり、私好み。この中の一軒で、カルグクスを食べた。3500W(≒350円)。安いね。本当は2~3軒くらいハシゴしたかったんだけど、量が多くて1杯でもう満腹。完全制覇は、夢のまた夢だ。韓国グルメは、全体的に盛りが良い。
  おまけ写真。慶尚監営公園でひと休み。こういう歴史的な公園が多くあるのも、韓国らしいところ。朝だったからか観光客も少なく、のんびり過ごせた。
 
Chap2038(Dead Or Alive編8):Dovecote
2019/1/22 17223歩(累計37022146歩)
  飛行機が1時間近く遅れたことが、少し響いた。本当は、釜山市のメイン市街を東菜まで縦貫しようと思っていたのだが、佐川駅あたりで陽が暮れた。佐川の先で道を間違えて少々迷ってしまい、さらにタイムロス。地下鉄は大通りの下を走っているからずっと道なりだろうと思っていたのが失敗だった。ネット環境を持参していないので、迷うと結構大変。
  写真を。思っていたよりも規模が小さかった、釜山駅。東大邱駅よりも小さいくらいだ。駅前には、高いところに鳩小屋がある。日本では「鳩に餌を与えないでください」が基本だが、韓国では愛護する方向か。
 
Chap2037:Chill
2019/1/19 15497歩(累計37004923歩)
  朝起きてみたら、ちょっと嫌な悪寒がした。気温はそんなに低くないはずなんだけど。あれ? もしかして熱あるのかな? と思ったのだが、食欲はあるし、全身のだるさもない。韓国行きを目前に控えているこのタイミングで発熱とか、勘弁してほしいのだが。静養するか、逆療法で歩くか。少しだけ悩んだ結果、歩くことにした。普段通りに過ごした方が治りが早いと、経験が訴えていたので。
  写真を。なんか、ざっくりしてるなぁ(文京区後楽1丁目)。まさか、「家族がバラバラに避難しても、携帯があれば会えるでしょ?」とか言わないだろうなぁ。
 
Chap2036:33rd Floor
2019/1/17 21029歩(累計36988796歩)
  今日は、午前中に六本木でラジオ出演、午後に東京駅と千葉駅で取材。ラジオ出演を終えてから、時間調整がてら歩いた。とりあえずこれで、韓国行き前の仕事がひとつ完了。メドをつけておかなければならないのが、あと2つ。今日・明日で、とりあえずひとつはなんとかなりそうだ。もうひとつは、週末の対応になるかな。
  写真は、六本木森タワーの33階にあるラジオスタジオからの眺め。出演自体よりも、これが楽しみで出かけたようなものだ。この眺めは良いのだけれど、タワーの前庭にある蜘蛛のオブジェはキモすぎる。なんとかならないものか。
 
Chap2035:Above The Metro
2019/1/16 11951歩(累計36967767歩)
  ここにきて急に忙しくなってきている。こういうタイミングに限って、今日やらなければならない雑用が生じたりする。正月開けてから数日は、不安になるくらい暇だったのに。「それ、今じゃないとダメ?」と言いたくなる。でも、今じゃないとダメなんだなぁ、これが。
  今日の写真。地下鉄有楽町線に沿って歩く場合、鬼門になるのが小竹向原・氷川台間。この間は込み入った住宅地の下を走るから、まっすぐに歩けない。しかし、どうもここに新しい道ができるようだ。すでに一部、歩行者専用道路として開通している。じきに、この辺りも賑やかになるんだろうな。
 
Chap2034:Through The
2019/1/15 19881歩(累計36955816歩)
  4回目となる、レインボーブリッジの徒歩渡橋。今日は歩き始めのころに小雨が舞っていて、漫歩が成立するかどうかすら微妙だったのだが、レインボーブリッジに差し掛かることには晴れ間も覗いた。ガスがかかっていて遠望が利かなかったのが残念だが。レインボープロムナードでは、何回か外国人観光客ともすれ違った。良く調べて来ているね。
  おまけ写真。お台場アクアシティ・フードコートの「はなまる屋」でうどんを食べた。かつてこの店舗ではそばもやっていたのだが、いつの間にかうどんだけに。「はなまる」のそば、失敗に終わったと理解していいのだろうか。
 
Chap2033:Attendance
2019/1/13 20282歩(累計36935935歩)
  休日は、街なかの立ち食いそば店があまり営業していないので、フィールドワークをやるにしても効率が悪い。ショッピングセンター内の店舗なら間違いなく営業しているが、今度は激しい混雑に辟易。三連休なんて、なければいいのに。
  写真を。西小山駅近くの路地を歩いていたら、電柱に「立会道路」と表示されていた。京急の立会川駅近くを流れる立会川が、ここまで続いていたとは。調べてみると、源流は碑文谷公園らしい。大部分は暗渠化され、道路や緑道になっている。川名は、鈴ヶ森刑場での処刑に立ち会う(見送る)場所だったから(諸説あり)というから、おどろおどろしい話だ。
 
Chap2032:Pain In The Butt
2019/1/11 13220歩(累計36915653歩)
  護国寺で、新規仕事の打ち合わせ。今年は例年になくスローなスタートだったのだが、昨日の漫歩中に新規仕事が3つ入り、にわかに動き始めた。さらに、凍結状態になっていた第10弾単行本の話も、近日中に動き出しそうな気配。なんだか、再来週に控えている韓国旅行が目の上のタンコブのような状態になってきている。意地でも、行くけどね。
  今日の写真。街かどの小型書店だけでなく大型書店さえもがどんどん消えていく昨今、どうしてこんなお化け屋敷みたいな書店(古書店ではなく新刊書店)が生き残れるのか。不思議だ(文京区大塚6丁目)。
 
Chap2031:Telephone Call
2019/1/10 19106歩(累計36902433歩)
  今日は仕事が早めに終わり、13時過ぎに歩き始めた。久々に歩数を稼げるかなと意気込んで臨んだのだが、そんな時に限って漫歩中に仕事の電話がじゃんじゃん鳴る。新規の仕事が入ってくるのはありがたいことなんだけどね、在宅中に全然鳴らない電話が、外出すると途端に鳴りだすのはどういうことなのかな……と。結局、今日中にやらなければならないことが増え、20000歩にも届かずに歩き終えることになってしまった。好条件が重ならないと、なかなか20000歩には届かないのです。
  写真を1枚。そう……、ですかね?(赤羽一番街)
 
Chap2030:Closed School
2019/1/8 18990歩(累計36883327歩)
  青春18きっぷが1日分余っていたので、チバラギ方面で未食駅そばを虱潰しにしつつ既食店のフォローイングリサーチを敢行。朝から晩まで駅そば訪問。訪問数は、24軒を数えた。私にとっては充実した一日だったが、こういうことを書くと世の中から白い目で見られるんだろうな。
  東金駅近くでそばを食べ、東金中央公園でひと休みしていたら、いわくありげな門構えが目に入った。なるほど、ここは小学校の跡地でしたか。どうりで、市役所や図書館など公共の施設が並ぶ区画の一部を強引にえぐり取ったような立地で、「妙だな」と思ったわけだ。
 
Chap2029:Kitchen Origin
2019/1/6 19799歩(累計36864337歩)
  無事に帰省を終え、帰りにも少し歩く。本当は荻窪からでいいかなと思っていたが、電車の運賃の関係で西荻窪から(西荻窪・荻窪間で運賃が大きく上がる)。そろそろ駅そば各店も年始休みを終えて営業がスタートする頃合いだから、当然フォローイングリサーチをしながら歩くのだが、このエリアは残念ながらあまり目新しい店がない。収穫は、それほど多くはなかった。が、沼袋の「Origin」が「キッチンオリジン」に変わっているのを発見したのは、ちょっと収穫かな。
  そろそろ、正月気分は終わり。頭を切り替えて、今後のこともいろいろ考えていかないといけない。
 
Chap2028:Congeries
2019/1/4 13504歩(累計36844538歩)
  3が日も開けたことだし、そろそろ帰省しようか。帰省といっても距離的にいつでも帰れるくらい近いし、両親も10年ほど前に引っ越していて生まれ育った場所ではないので、特段感慨はない。せいぜい、餅とカズノコを食べて、親戚の寄り合いに顔を出すくらいのもの。2泊もすれば、充分だ。
  自宅から実家まで通して歩けなくもない(25000歩くらい)のだが、今日やらなければならない仕事をこなすのに16時くらいまでかかってしまったため、途中の下井草まで。空は暗いし、駅そばもやっていない(年始休み)し、これ以上歩く価値はあまりなさそうだと判断した。
 
Chap2027:Hello 2019
2019/1/2 17141歩(累計36831034歩)
  歩き初め&初詣&駅そば食べ初めを、全部兼ねて歩く。空は快晴、陽射しはポカポカ。絶好の漫歩日和だ。ただ、初詣に訪れた新宿・花園神社は長蛇の参拝行列で、参道はずっと日陰。体の芯まで、結構冷え切った。その後九段下「小諸そば」で食べた鴨南蛮そばが美味かったなぁ。
  おみくじは、末吉。大吉も凶も引けず、つまらない。思えば、45年生きてきて、凶は1回も引いたことがない。大吉も、初詣以外の普段参拝を含めても、たぶん10年くらい引いていない。中吉を引いた記憶もない。小吉・吉・末吉ばかり。当たり障りのない男、なんだな、きっと。
 
Chap2026:Good-Bye 2018
2018/12/31 14679歩(累計36813893歩)
  昨日の最後に食べたのが「富士そば」原町田店の煮干しラーメン。その前が「箱根そば」東林間店のカツ丼。どちらも美味かったけれど、「2018年最後の一杯」には向かない。そこで、最後の一杯を食べるためにわざわざ歩きに出た。個人店を中心に、すでに正月休みに入っている店が多いなか、元気に営業していたのは上野の「つるや」。さすが、正月準備の買い物客や外国人観光客が多く繰り出すアメ横周辺。他店が休んでいるためもあるのか、店内も大盛況だった。
  というわけで、今年最後の一杯は、上野「つるや」の鴨南蛮そばで。ネギがないんだけど、メニュー名は「鴨南蛮」。
 
Chap2025:Outing
2018/12/30 18646歩(累計36799214歩)
  年を越す前にもう1回、やや遠出の漫歩をやっておきたかった。未食駅そばがあるエリアをということで、相鉄本線&小田急江ノ島線の沿線を。本当は25000歩くらい歩きたかったのだけれど、町田から先は漫歩コースを組みにくい(ヘタをすると帰りの交通費が高くなってしまう)ので、やむなく。まぁ、未食駅そば1軒に加えて、既食駅そばのフォローイングリサーチも13軒回れたから、良しとしよう。
  写真を。三ツ境駅の近くに、二ツ橋町という地名。これは偶然とは考えにくい。三ツ境も、もともとは「三ツ橋」だったのではないだろうか(諸説ありの様子)?
 
Chap2024:Hazy Shade Of Winter
2018/12/28 21700歩(累計36780568歩)
  今日は風が冷たかった。家を出たときには陽射しがポカポカと感じられたのに、北千住駅を降りてみたら北風ピューピュー。どうやら、年末寒波が日本に上陸したようだ。歩いている間じゅう、サイモン&ガーファンクルの「A Hazy Shade Of Winter」が頭の中で無限ループしていた。寒いけど、冬場に寒いのは嫌いじゃない。冬は、寒くて当たり前だから。
  西新井駅に向かう途中で、関原分校公園に立ち寄る。23区内にも、分校があったんだね。簡易的なポンプ井戸がある以外なんてことない児童公園。こんな狭い敷地に、子どもたちの学び舎があったんだな。
 
Chap2023:Last Performance
2018/12/27 15862歩(累計36758868歩)
  午後から渋谷でNHKラジオの生出演。出演中に公言したとおり、歩いて帰った。もしかしたら、出演中に「今日はもうそば食べました?」と聞かれるかなと思い、渋谷駅近くの「信州屋」でかき揚げそばを食べておいたのだが、こういう時に限って聞かれず……。もう、やけ食い。帰りがけにも新宿西口駅近くの「富士そば」でミニかき揚げ丼セットを喰らった。
  これで、年内のメディア登場の類は全部終わったかな。あとは、正月明け締め切りの原稿を進めておいて、写真の整理とか年賀状作成とかの雑務をこなせば、仕事納め。平穏な正月を迎えられそうなムードだ。
 
Chap2022:Merry X'mas 2018
2018/12/25 20510歩(累計36743006歩)
  いかんいかん、どうもここのところ浮世離れしすぎている。昨日がイブで今日がクリスマスだということを、すっかり忘れていた。私がテレビなどをほとんど観ないのと、街がクリスマス色に染まるのが早すぎることが原因だと思う。万歩計の計測値を見て「電池を替えてもダメか~」とボヤくクリスマスなんて、ダメダメ。孤高のライフスタイルを貫くにしても、もう少し世の中との接点を持たないと。
  写真を1枚。「ら抜き」言葉ならぬ、「ル抜き言葉」(府中市白糸台1丁目)。最近、こういうのが多い気がする。スペイン語ならいいんだけど、「マインズ」は明らかに英語だしなぁ。
 
Chap2021:Narrow Hole
2018/12/24 14176歩(累計36722496歩)
  友人と、たぶん今年初となるプロレス観戦で、後楽園ホールへ。夜の興業を観戦することが多いなか、今回は昼興業。時間が早くて、起きるのが結構大変だった。11:30開始を「早くないじゃん」と見る人もいるだろうけれど、歩いて行くのなら9時には家を出なければならない。9時までに仕事を終わらせるためには、5時くらいには起きないといけない。なんだかんだで、起きるのは早いのだ。
  それにしても、後楽園ホールって、子どもの頃にはずいぶん広く感じたのに、今ではとても狭く感じる。大人になると、世の中狭くなるんだな。
 
Chap2020(烈風烈火編270):Gold Grampus
2018/12/21 15111歩(累計36708320歩)
  一昨日は寝坊、昨日は雨で歩けず。旅先では、ほぼ毎日歩く予定を入れておくのだが、なんだかんだで半分くらいがボツになるので、漫歩は2日に1回くらいのペースになる。最初から2日に1回のペースで予定しておくとほとんど歩けずじまいになってしまうことが、経験から分かっているのだ。
  全国各地を回っている私だが、意外なことに金鯱の名古屋城をまだ見物していない。今日も、堀の中には入らず。代わりと言っていいのかどうか、お堀端にある市役所駅と、道路向かいの愛知県庁を見物してムードを楽しんだ。県庁は、なんだか天理教の「母屋」を思わせる建物だ。
 
Chap2019(烈風烈火編269):Astram Line
2018/12/18 10219歩(累計36693209歩)
  広島市の市街地は広島駅の南側に広がっているので、これまで駅の北側(新幹線口側)はほとんど歩いてこなかった。でも、北側も、結構市街地が広がっていてびっくり。新しい街だから道路も歩道も広くとられていて、歩きやすい。これといった名所はないのだけれど。
  写真を。JR山陽本線の新駅・新白島駅。駅そばがあるかな~と思って行ってみたのだけれど、売店すらないショボい駅だった。接続するアストラムラインの駅舎に至っては、こんなにキモい。ほとんど、アストラムラインとJRの相互乗り換えのために設置された駅だね。
 
Chap2018:Pray For Fine Weather
2018/12/16 13364歩(累計36682990歩)
  まだ雨が降り出していなかったので、気まぐれに石神井公園で下車して帰宅漫歩。こういうことをやるとだいたい歩いている途中で降り始めるのだが、今日はどういう風の吹き回しか、自宅に着くまで一滴も降らなかった。珍しいこともあるもんだ。明日は雨だから、大人しくしていようかな。明日の夜からは、今年最後の取材旅行。やや長丁場になることだし、旅先で雨にならないことを祈るばかりだ。雪とか、マジ勘弁。
  歩き始めが夕方だったこともあり、これといった写真がない。景気づけに食べた富士そば石神井公園店のゲソ天そばの写真でも。ゲソ天は石神井公園店限定。ちょっと意外。
 
Chap2017:Remember 2010 Ⅱ
2018/12/15 18705歩(累計36669626歩)
  多摩センター駅の東に、竪穴式住居などを復元した遺跡公園「縄文の村」がある。私は2010年にこの近くでバイトをして、昼休みによく足を運んだ。竪穴式住居は夏場でも涼しく、先人の知恵に驚かされたものだ。バイト先の会社で殺人事件が起きたのは、私が退職した翌年。そのさらに4年後には個人情報流出で世間を騒がせ、とうとう会社は解散。セキュリティとか、結構しっかりしている会社だったんだけどな。
  その会社が入っていたビルを訪ねてみると、こんな状態になっていた。たった8年前のことなんだな。もう遥か昔のことのように思えるのだけれど。
 
Chap2016:Memorial Service
2018/12/14 15743歩(累計36650921歩)
  今日はこれといって急ぐ仕事がないので、少し遠出をしようと思っていた。が、昨夜忘年会から帰って、変な時間に寝てしまったこともあってリズムが狂い、今日の起床時間が昼の12時ということに。結局、今日もショボい漫歩に。明日こそ、少し遠出をしたいな。
  今日の写真。早稲田駅近くの常泉寺に、こんな掲示が。はたして今どきの子供たちは、鉛筆を使っているのだろうか? 私の小学生時代にはシャープペン禁止だったから、こういう寺が近所にあったら子どもたちで賑わっていたかもしれないなぁ、としみじみ感傷に浸った。
 
Chap2015:Annual Event
2018/12/12 16167歩(累計36635178歩)
  今日の外出用事は、郵便局に簡易書留を出しに行くこと。それだけのはずなのに、ふと気がつくと赤羽一番街を歩いている。ひとたび外出したら、タダでは帰らない癖がついてしまったな。それにしても、毎年この時期になると簡易書留を出しに行く機会が増える。マイナンバー提出という恒例行事だ。これ、本当に煩わしい。いっそ、マイナンバーをネット上に公開してしまおうかなとさえ思う(実際にはやらないけど)。まったく、面倒くさくてしょうがない。
  写真を1枚。都電が走る風景(巣鴨新田駅付近)。都電は、住宅地内の狭小路地から眺めるのがベストだと思う。
 
Chap2014:Cashless Challange
2018/12/11 10879歩(累計36619011歩)
  今日も20000歩前後を歩こうと思っていたのだが、浅草寺の境内を抜けたところでパラパラと雨が降り始めた。「夕方から雨」との予報は出ていたけれど、この時点ではまだ14:30。2時半は夕方ではないよなぁ~とぼやきながらも、靴を濡らしたくなかったので、10000歩を超えるまで粘って強制終了。不完全燃焼な漫歩に終わった。
  写真を。浅草で話題を集めている、「大江戸てんや」。あの「天丼てんや」の新業態。メニューや値段が異なるのだが、それよりも“キャッシュ払い不可”というシステムが取り沙汰されることが多い。私個人としては、縁がなさそうだ。
 
Chap2013:Poor Sensitivity
2018/12/9 22810歩(累計36608132歩)
  本来今日は歩くつもりがなかったのだけれど、昨日の漫歩で20000歩に届かなかったことがどうにも悔しく、気がついたら靴紐を結んでいた。というわけで、今日はどんなに大股になろうと絶対に20000歩を切らないコースを歩く。五反田に着いて、「24000歩くらいかな」と思って万歩計を見ると、この歩数。最近、どうも歩数が少なめに出るな。早足とか大股とかというより、万歩計の感度の方が問題なのかも。電池を取り替えてみようか。
  今日の写真。守備力がかなり高そうなガード(大久保駅付近)。……って、ガードの意味が違うから!
 
Chap2012:Brisk Walking
2018/12/8 19987歩(累計36585322歩)
  香港では最高気温が28度に達した。同じ頃には日本でも温かったが、今日から一気に冬の冷え込み。ちょっと体に堪える寒暖差だ。じっとしているとどんどん体が冷えるから、こういう時には歩いて温めるに限る。金町から錦糸町まで歩いて、「22000歩くらいかな」と思って万歩計を見ると、20000歩にも達していなかった。体を温めるために、自然と早足に、大股になっていたのかもしれない。
  写真を。京成立石駅近くの仲見世通り。いつの間にか、すっかりシャッター通りになってしまったな。この状況が長く続くと、まるっと再開発なんていう話が出そうで怖い。
 
Chap2011(Dead Or Alive編7):Star Ferry
2018/12/6 13671歩(累計36565335歩)
  香港島から九龍半島へは、徒歩では渡れない。MTRやバスで渡ると歩数計測継続ができなくなるので、天星小輪(スターフェリー)で渡る。フェリーの名が付いているが、実際には渡し船。2階が1等、1階が2等に分かれているので、乗下船口も2層構造になっている。1階なら、2.2ドル(≒33円)で乗れる。安いし楽しいし、バスよりおオススメ。
  その後、9月に開業したばかりの高速鉄道・西九龍駅へ。なんで駅名が「西九龍」なのかな。九龍駅の東に西九龍駅があるという、変な位置関係だ。九龍駅に接続しているのだから、高速鉄道の駅も「九龍」でよかったのではないかと思う。
 
Chap2010(Dead Or Alive編6):Full Force
2018/12/5 15086歩(累計36551664歩)
  香港は、日本と同じ左側通行だから、歩きやすい。予想外のところから車がニュッと出てくる感覚がないので、普段どおりに歩ける。道路には細かく名前がついているから、地図さえ持っていればそうこっぴどく迷うこともない。反面、異国情緒はやや薄いと言えるかもしれないが。ちょっと残念だったのは、少し前に猛烈な台風が襲来したようで、こんなことになっている(九龍寨城公園)ところが結構多かった。
  写真をもう2枚。庭園と楼閣が美しい南蓮園池。そして、かつての魔窟から変身した九龍寨城公園。かつてこんな感じだったことが信じられない。今や、市民の憩いの場だ。
 
Chap2009:AMEYOKO Breakdown
2018/12/2 13847歩(累計36536578歩)
  明後日からの香港行きに備えて、ちょうどいい大きさのバッグを見繕いにアメ横へ……行ったのだけど、どの店も高いねぇ。学生時代には、怪しげな品とはいえ500円とか1000円とかで何かしら手に入ったのに、今はどこも3000円からする。品が良くなっているのかもしれないけれど、そもそも高品質を求めてアメ横に行く人って、いるのかな? バッタものかもしれないけど安いってのがアメ横のメリットのような気がするのだが。おまけに、身動きできないほどの人出に、意味不明な多国籍化(客側ではなく、店側)。もう、「二木の菓子」意外は用無しかな。
 
Chap2008:Flourishes
2018/11/30 13339歩(累計36522731歩)
  未食駅そば潰しがてら、豊洲市場を見に行ってきた。いやぁ、賑やかになったね。街がひとつできあがっていて、驚いた。ゆりかもめが開通して市場前駅が開業した頃には、駅舎以外はすべて更地(2007年8月当時の市場前駅付近の風景がこちら)だったのに。市場ができて、周りにいろいろな施設もできて、人も集まってきた。これで築地が衰退することなく賑わい続ければ、豊洲移転は成功だったということになるのかもしれない。東京オリンピックの招致と市場の豊洲移転で、ウォーターフロントエリアがにわかに活気づいている。有明とか東雲あたりも、だいぶ開発が進んでいるようだ。
 
Chap2007:On The Radio
2018/11/29 17786歩(累計36509392歩)
  急なラジオ出演が入り、有楽町へ。最近は、山手線内での用事だったら、だいたい帰りは歩いている。もちろん原稿締切前とかで時間がない場合には電車で帰るが、時間があれば歩く。その方が、交通費は浮くし、運動不足も解消できるし、駅そばのパトロールもできる。でも、今日は終盤に雨に降られた。電車で帰ればよかったと、ちょっとだけ思った。
  出演を終えてすぐに陽が暮れたので、今日はこれといった写真がない。道中に食べたそばの写真でも。その1:日比谷「都そば」のいか天そば。その2:「小諸そば」半蔵門店のおろしせいろそば
 
Chap2006:Third Time’s a Charm
2018/11/28 14046歩(累計36491606歩)
  夜行バスで上野へ帰ってきて、最初に沸いた欲求が「濃いやつを一杯食べたいな」だった。まずは24時間営業の日暮里「一由そば」に向かったが、長蛇の行列で退散。仕方なく西日暮里「しすせそ」へ展開するも、開店前で退散。結局、田端「かしやま」に落ち着いた。そして、どうせ田端まで歩いたのならということで、自宅まで歩いて帰る。あまり眠れない夜行バス明けの漫歩は、結構疲れる。パンダ号は、空いていて(2席占領できた)、なかなか良いバスだったんだけどね。
  おまけ写真。夜明け前の上野駅。旧駅舎には、旅立ちムード漂うこの時間帯がよく似合う。
 
Chap2005(烈風烈火編268):Like a Bullet
2018/11/27 19651歩(累計36477560歩)
  弾丸夜行日帰りで青森取材。最近は、こんなのばっかり。なかなか、旅先でのんびりできない。行って帰ってくるだけの旅より、周遊型の旅を楽しみたいのだが、スケジュール的にも予算的にも難しい。朝方はだいぶ冷えたが、陽が登ると意外に温かい。歩くと汗ばみ、普段より一枚多く着込んだことを少々後悔したほどだった。
  写真を2枚。その1:撫牛子・川部間で平川を渡った際に、岩木山の全貌が望めた。山頂は雲に隠れていたが、うっすらと雪に覆われている様子だ。その2:北常盤駅を過ぎたところで、サッと通り雨。上がった後には、鮮やかなが架かった。
 
Chap2004:Pass Through
2018/11/25 17290歩(累計36457909歩)
  三連休は、仕事と漫歩だけで終わってしまいそうだ。なにしろ天気が良かったもんで、今日も歩かずにいられなかった。来週は青森行きがあって、再来週は香港行き。その次の週あたりには九州行きが入りそう。都内を気ままに歩く機会は、実はこの先あまり多くないのだ。歩けるときに歩いておかないと、後悔しそうだ。
  今日の写真。そんなに素通りする人が多いのだろうか(世田谷区池尻3丁目)? 246沿いだから素通りする人は多いだろうけれど、たぶん足を止めて看板を見つつ去ってしまう人が多いんだろうなぁ。
 
Chap2003:45th Growin’ Up
2018/11/24 20108歩(累計36440619歩)
  去年はできなかった、誕生日漫歩。この年になると、もはや誕生日の心境は「また死への階段を1段上がったか」というくらいなのだが、良くも悪くも節目にはなる。44歳の1年間は結構頑張ったと自負できるので、45歳の1年間も負けないくらい充実させていきたい。
  写真を2枚。その1:本川越駅近くの人気餃子店。かつてここには立ちそばがあり、10年以上前に餃子店に変わったのだが、よく見ると日除けの片隅に「HANAGASA」とある。まさか、上福岡駅前の立ちそば「はながさ」とは関係ないよね? その2:ふじみ野駅前にて、燃えるような夕焼け
 
Chap2002:Soun Terrce
2018/11/23 13426歩(累計36420511歩)
  昨日は結局雨で歩けず、書泉行きは今日に持ち越し。どうせ郵送するにしても三連休中は配達がないわけで、今日投函しても明日投函しても着くのは連休明け。それにしても、書泉の品揃えはさすがだ。中野で買えなかった自著の旧作が、全部揃った。最初からここへ行くのがベストだったな。
  写真を。冬場は陽が短いので、写真を撮るチャンスも少ない。しかし逆に、陽が落ちてからの方がシャッターチャンスが増える場合もある。それが、イルミネーション。赤坂サカスを彩る「音×テラス」も、幻想的な美しさだった。冬に歩く楽しみは、これだね。
 
Chap2001:Sub Culture
2018/11/21 19292歩(累計36407085歩)
  未食の駅そばを潰しに渋谷へ行き、歩いて帰る。その途中、中野で自著の買い付け。わりと時間に余裕があったので、中野駅周辺の書店を虱潰しに見て回った。グーグルマップで検索して出てきたところは、全部。さすがサブカルの街と言われるだけあって、書店に並ぶ本のラインナップもなかなかマニアックだ。書店ごとにカラーが違うのが面白い。
  で、私の著書をもっとも豊富に取り揃えていたのが、こちら。今年出した2作品は、どちらも10冊以上入っている。買い付けの対象は主に旧作だったのだけれど、さすがに全部は揃わなかったな。明日、また書泉に行ってみるか。
 


Fの足跡
Chap1~20
Chap21~40
Chap41~60
Chap61~80
Chap81~100
Chap101~120
Chap121~140
Chap141~160
Chap161~180
Chap181~200
Chap201~220
Chap221~240
Chap241~260
Chap261~280
Chap281~300
Chap301~320
Chap321~340
Chap341~360
Chap361~380
Chap381~400
Chap401~420
Chap421~440
Chap441~460
Chap461~480
Chap481~500
Chap501~520
Chap521~540
Chap541~560
Chap561~580
Chap581~600
Chap601~650
Chap651~700
Chap701~750
Chap751~800
Chap801~850
Chap851~900
Chap901~950
Chap951~1000
Chap1001~1050
Chap1051~1100
Chap1101~1150
Chap1151~1200
Chap1201~1250
Chap1251~1300
Chap1301~1350
Chap1351~1400
Chap1401~1450
Chap1451~1500
Chap1501~1550
Chap1551~1600
Chap1601~1650
Chap1651~1700
Chap1701~1750
Chap1751~1800
Chap1801~1850
Chap1851~1900
Chap1901~1950
Chap1951~2000


B日本漫歩日記


大日本記外伝TOP